弦楽四重奏曲第1番初演

山田浩貴作曲・弦楽四重奏曲第1番は、2020年2月20日、東京の豊洲シビックセンターで世界初演される予定。


演奏はQuartet Auchentoshan (クァルテット オーヘントッシャン)。
Quartet Auchentoshan (クァルテット オーヘントッシャン)

Quartet Auchentoshan (クァルテット オーヘントッシャン)


2017年に結成した弦楽四重奏団体で、これまでにベートーベン、チャイコフスキー、ブルッフなどを演奏した。団体名の由来はウィスキーの名前で、 ゲール語で「野原の片隅」という意味があり、聴く人の心の片隅にそっと残るような音楽を目指している。

Vn清水貴則(しみずたかのり)

Vn清水貴則(しみずたかのり)


4歳よりヴァイオリンを始め、これまでに日高毅氏、小森谷巧氏に師事。また、ウェルナー・ヒンク氏、篠崎功子氏のマスタークラスを受講し薫陶を受ける。第3回万里の長城杯国際音楽コンクール全国大会小学校の部審査員特別賞を受賞、第12回日本クラシック音楽コンクール全国大会で審査員特別賞を受賞。群馬県太田市出身、早稲田大学を卒業し、会社員を務める。オーケストラや室内楽など音楽活動にも精力的に取り組んでいる。

Vn村岡ふみ(むらおかふみ)

Vn村岡ふみ(むらおかふみ)


3歳よりヴァイオリンを始め、吉川朝子、グレブ・ニキティンなどの各氏に師事。複数のアマチュア団体でコンサートマスターを務める他、ソロや室内楽活動も積極的に行い、映画やポップバンドのレコーディングに参加した。明治大学卒業後、金融系シンクタンクに勤務。

Va杉山美和(すぎやまみわ)

Va杉山美和(すぎやまみわ)


大学入学と同時にヴィオラを始める。元東京交響楽団首席奏者の諸橋建久氏に師事。学習院大学から明治学院大学に編入。卒業後ソーシャルワーカーとして勤務する。6年前より実家が所有する現代アートコレクションの管理・運営に従事。かたわら、アマチュアオーケストラでの演奏を継続し現在はフライハイト交響楽団に所属。

Vc杉山雄介(すぎやまゆうすけ)

Vc杉山雄介(すぎやまゆうすけ)


15歳からチェロを始める。中央大学法学部法律学科を卒業。細々と個人的にレッスンを受ける傍らで音楽系公益財団法人の事務局職員として勤務し、様々な音楽家に私淑する機会を得る。休日はアマチュア演奏家としてオーケストラで演奏しているほか、近年は室内楽にも積極的に取り組んでいる。

作成者:YAMADA Hiroki 山田浩貴